グルメ 横浜・川崎

【十割蕎麦】手打ちそば千花庵野毛店に行ってきました|お酒も蕎麦も最高!【横浜】

こんにちは。ジンゴロ(@Jingolox)です!

先日、久々に呑兵衛たちの聖地、横浜・野毛に行ってまいりました。事前に行く店は決めていまして、今回、人気の蕎麦屋である千花庵(ちはなあん)さんを訪問しました。

横浜市中区にある野毛地区は飲み屋さんが立ち並ぶ横浜随一の繁華街。人気のある名店も数多く立ち並び、酒好きなら絶対に訪れるべきエリアです。

千花庵 野毛店

鎌倉で人気を博していた蕎麦屋さんである千花庵が野毛に出店してきたのは2014年ごろのようですね。

千花庵 野毛店の場所はコチラ↓。桜木町駅から徒歩で5分くらいかな。ちょうど良い距離です。駅から野毛地区までは地下通路(野毛ちかみち)もありますので、便利です。

 

千花庵の野毛店は蕎麦屋さんではありますが、さすがに野毛にあるだけあって、ほとんどのお客さんは、酒と料理を何品か堪能したあと、最後の〆として蕎麦を食べるという流れで楽しまれているようでした。

蕎麦屋さんで、蕎麦を食べる前に飲むお酒のことを「蕎麦前」といいます。決して「食前酒」とはいいません笑。基本的には日本酒がメイン。

お店は、カウンター席と奥にテーブル席があります。広くはありませんので、複数人でいかれる方は予約をして行った方がよいでしょう。

このお店の特徴は日替わりで異なる産地の蕎麦と、全国の様々な日本酒の銘柄を楽しめるところです。行くたびに新しい味との出会いがありますよ。

お店のFacebookでその日の営業時間や、産地・銘柄情報を確認できますよ。要チェックです。

酒と料理

当日私がいただいたお酒と料理をいくつかご紹介。

お通しと一緒にいただく日本酒は出雲富士(島根)。辛口で食事に合う!

酒の肴として、お刺身とあなご天をいただきました。

次も日本酒で、山吹極(山形)をいただきました。美味しい!

このあと、食欲が止まらず、さらにお酒と料理を何品かいただきました。

蕎麦

さて、今回僕がこの店を選んだ理由ですが、お酒はもちろんですが、お蕎麦を美味しさを心から堪能したかったからです。

千花庵のお蕎麦は「十割蕎麦」なんですね。蕎麦本来の食感や香りを堪能するならやっぱり「十割蕎麦」ではないでしょうか。

私がお店に行った時の蕎麦の産地は「北海道」でした。

十割蕎麦は、小麦粉を繋ぎとして使わず、蕎麦粉100%で打つ蕎麦のこと。蕎麦の風味が最も強く感じられる蕎麦といえる。ちなみに読み方は「じゅうわりそば」。ちなみにそば焼酎の「十割」は「とわり」なのでご注意。

せいろは、少し割増すれば、大盛りにもできますよ。しっかり堪能したいので大盛り!

すだちをしぼって、まずは塩でシンプルにいただきます。これこそ純粋な「蕎麦」の味と香り、美味しいですね。その後、少しだけ、塩もつゆも何もつけずに蕎麦だけでいただきます。蕎麦の風味をしっかり確認します。

最後に蕎麦つゆにつけていただきました。つゆ(つけ汁)は十割蕎麦の存在感に負けない濃いめのつゆ。美味しい。

最後に、とろみのある蕎麦湯で濃厚なつけ汁を割っていただきました。

最後に

私が店に尋ねたときは、蕎麦好きのオジ様から、30歳前後の仕事仲間のグループなどがのお客さんが店にいました。

ほとんど満席に近い状態でした。蕎麦屋さんということもあって、20代前半の元気な若者グループなどがあまりおらず、客層も落ち着いている感じ。そういう意味でとても居心地の良い空間でした。デートにも使えると思いますね。

カウンター席がメインなので、当然お一人様でも問題なしです。23時までオーダできるので、仕事で遅くなった時でも行けるのが嬉しいですね。

以上、千花庵 野毛店の報告レポートでした。本格蕎麦をぜひ堪能してみてください!

広告

-グルメ, 横浜・川崎
-

© 2021 ジンゴロノート Powered by AFFINGER5