グルメ 横浜・川崎

【中華】「青香延」に行ってきました|中国人も絶賛する本格中華を堪能!【横浜関内】

こんにちは。ジンゴロ(@Jingolox)です!

僕はかなり中華料理が好きなので、外食や飲みに行くときに中華料理店を選ぶことが多いです。

僕が疲れた時に訪れる中国整体のお姉さんに、『お勧めの中華料理屋さんってありますか?』と質問したところ、横浜関内の中華料理店、青香延(せいかえん)さんがお勧めとのこと。

お姉さん曰く、

整体師さん
日本にある中華料理屋さんは日本人向けの味付けになってるの。でもこの店は違うのよ。辛いかもね!

と言う感じで説明いただきました。

ジンゴロ
地元の人に愛される本格的な中華料理が食べられるなら、いくしかない!

と言うわけで、先日行ってまいりましたのでご報告します。

青香延についてご紹介

お店は、JR関内駅から徒歩5分くらいの場所にあります。イセザキモールのメインストリートから少し外れたところにあります。

周辺は飲み屋さんが多い繁華街エリアです。

店の前に到着しました。

夜の闇に赤い灯りがなんともいえない雰囲気を醸し出しています笑

お店は2階にあります。早速入ってみましょう。

店内の雰囲気

店内の雰囲気を一言で言うなら、中国の場末の食事処(飲み屋)、と言う感じです。中国へは行ったことがないので、あくまでも想像ですが…

そして、しばらく滞在して気づいたのですが、店内にいる方の中国人率が100%でした(自分を除く)。

お店の方も、お客さんも、皆中国語で話をしています。

ジンゴロ
なんか、よくわかりませんが、すごく活気がありました。男性も女性もみな元気(声が大きい)です笑

中国経済は成長の真っ只中にいると思いますが、店内の雰囲気からその勢いみたいなものを感じることができました(関係ないかもしれません)。

本格中華にチャレンジ

それでは、早速食事をいただいきます。

まずは、「3種のお通し」がでてきます。今日はビールで乾杯したいと思います。

 

メニューは、中国語と日本語で併記されていますので、心配はありません。せっかくなので、辛い鍋にチャレンジ!ということで、「ブロッコリーの香味鍋」をチョイス。

 

いやあ、この味付け。なんだろう。想像がつきませんね。そして、かなり辛い。なぜなら、赤い唐辛子が山のように入っています。でも食べられないほどではありません。美味しくいただくことができました。

続いて、餃子を注文。スタンダードな「青香延餃子」を選択。自分が想像する餃子とは全く違うものがでてきました。醤油などではなく、ほんのり辛い専用タレに付けていただきます。

これは絶品ですね!

 

そして、この店の名物でもある「羊肉の串焼き」です。

少しこの料理について、調べてみました。

メモ

この羊肉料理は「延辺料理」と呼ばれ、中国北部(吉林省)で親しまれている郷土料理のこと。朝鮮戦争のころに中国に避難した朝鮮族が中国に住み着いたのち生まれた、中国文化と朝鮮文化のハイブリッド料理。

そうか、だから、御通しの一つがキムチだったのかな?

さて、羊肉の串焼きですが、人生初めての経験です。恐るおそる食べてみると。。。

独特の風味はありますが、柔らかくて美味しい!これはビールが進みますね。これこそ、自宅では堪能できない味ですね。

いろいろな種類の串があるので次回来た時はもっといろいろチャレンジしたいと思います。

 

この3種類のトッピングにつけていただきます。白ごまとクミン、あと何かスパイスですかね。

 

今回の訪問は夜も遅かったので、食事は以上でした。他にもメニューがたくさんあるので、また訪問していろいろな料理を堪能してみたいですね。

最後に

今回の記事では関内の中華料理店「青香延」をご紹介しました。

この店からそう遠くないところに横浜中華街がありますが、本当に地元の人々にも愛されるガチの中華料理を味わいたいなら、こちらの店に来ることを是非お勧めしたいと思います。

店の方もフレンドリでした。中華料理や、辛〜い料理が好きな方は、是非チャレンジしてみてください

広告

-グルメ, 横浜・川崎
-, ,

© 2021 ジンゴロノート Powered by AFFINGER5