ライフスタイル

【Dyson】ダイソン掃除機のバッテリーを交換しました【突然動作せず】

こんにちは。いかがおすごしですか。ジンゴロ(@Jingolox)です。

ちょっと前回の投稿から間があいてしまいましたが、再び更新して参りますので、よろしくお願いします。

ジンゴロ
すっかり季節は変わりもう秋ですね

我が家では数年前からDysonの掃除機を使用しております。購入したモデルはセールで購入したV7 Slimです。

購入から3年ほどは普通に使えていましたが、先日、突然電源が入らなくなってしまいました。バッテリ部分のLEDが怪しく赤く点灯しています。数えてみると30回ほど点滅しており、どうやらバッテリー自体が不具合の模様。

充電器にしばらく接続した後も、全くうんともすんとも言わなくなってしまいましたので、バッテリーを交換することにしました。

ウェブで調べてみると、どうやらメーカー純正品と他メーカによる互換品があるではありませんか!

迷った挙句、互換品を選択しました。

今回購入したのはこちら↓

ブログ執筆時点の価格は、¥3,980 です。純正品はDysonのサイトで確認してみると、¥9,020でしたので、半分以下の価格。

Vemico社は中国のメーカーのようです。

よくスペックを確認してみると、純正品とは容量が異なっています。

純正品:2000 mAH   互換品:3500 mAH

3500mAHってことは純正品の容量である2000mAHを超えています

これまで、フル充電した状態で家中を掃除しようとすると、途中で充電切れになってしまうことがありました。

ジンゴロ
別に広い家ではないんですけどねw

互換品を搭載すれば、もっと長時間掃除ができるようになるかもしれません。早速ポチッと購入。

Amazonから早速荷物が届きました。開封してみましょう!

開封の儀

バッテリーが入っている箱のサイズはこんな感じです

プチプチに包まれたバッテリーと注意事項などが書かれた紙一枚。

バッテリーの本体はこんな感じです。ん、純正品とは色味が少し違うのかな。

バッテリーの底面にはこのような表記がされています。電気用品安全法(PSEマーク)もありますね。

早速本体に取り付けてみましょう。

本体への取り付け

本体への取り付けはプラスドライバーが一本あればすみますよ。10分くらいでできるかな。

まず、バッテリーを取り外すため、底面の2本のネジをはずします。

あと、もう一箇所のネジをはずせばOK。合計三箇所ですね。

元々付いていたバッテリーと今回購入したバッテリーを比較してみましょう。手前が今回購入したバッテリー。やっぱり色味が少し違いますね。まあ、多少違くても気になりませんけどね。

さて、取り付け完了しました。意外と色の違いは目立たないかもです。

さて、電源を投入できるでしょうか。はい!できました。ブルーのLEDが点灯しました。

購入後、1ヶ月ほど使用してみましたが、今のところ、特に何の問題もなく使えています。

気になる動作時間ですが、今のところ、掃除中にバッテリ切れとなることはなく、純正品と明確に比較したわけではありませんが、使用時間は伸びていると思います。

最後に

今回は、ダイソン掃除機のバッテリー交換について記事にしてみました。

今回購入したバッテリーは中国のVemico社製のものでしたが、今のところ、特に問題なく順調に使用できています。

Dysonの掃除機を使っていて、突然電源が入らなくなった方がおりましたら、バッテリー交換を検討してみてください。

もし良かったらこの記事を参考にしてみて下さいね。

ジンゴロ
意外と簡単にバッテリーを購入・交換することができて良かった!

それでは、また。

広告

-ライフスタイル

© 2022 ジンゴロノート Powered by AFFINGER5