IT技術 ビジネス本

【書評】シリコンバレー式 超ライフハック|人生を変える42のハックを紹介!

こんにちは。ジンゴロ(@jingolox)です。

自分の持っている才能を最大化したい、または、既存の殻を破って限界を突破したい、って思っている方はいませんか?(私です)

さて、今回の記事ではそんな皆さんに向けた一冊をご紹介します。

シリコンバレー式超ライフハックです。

プレジデント社から出版されたのは2020年7月発売後2週間で増刷となりました。

著者はライフハック界の第一人者、デイヴ・アスプリー(Dave Asprey)氏です。

本のご紹介

本日の記事で取り上げる本はこちらです。

 

本の概要はこちら。

『シリコンバレー式最強の食事』は、究極のハックのほんの一部に過ぎなかった——。「頭脳」「休息」「運動」「幸福」……世界最先端×史上最強の「自分を変える方法」を全網羅! 人間活動の全パフォーマンスを最大化せよ! 脳科学、生理学、生物学、精神医学、あらゆる一流研究からつかんだ「成功の秘法」のすべて!

https://www.diamond.co.jp/book/9784478108130.html ダイヤモンド社 本書の紹介ページより引用

 本の帯には大きな文字で「史上最強の技 全集合」と書かれています。

勉強、休息法、運動、時間術、快楽、幸福といったカテゴリから 42のライフハック が紹介されています。     

著者は、後述するブレットプルーフ・ラジオ(Bulletproof Radio)というポッドキャストを運営・配信しており、その活動を通じて、各分野の”成功者”に対し膨大なインタビューを行い、この一冊をまとめあげたそうです。

こんな人にオススメ

シリコンバレー式超ライフハックは以下のような方々にオススメします。

  • 自分のパフォーマンスを最大限に発揮したい方
  • 仕事や勉強で結果を出したい方
  • 成功者の行動や考え方を知りたい方
  • 海外におけるライフハック・カルチャーを知りたい方

著者のご紹介

この本の著者はデイヴ・アスプリー(Dave Asprey)さんです。

シリコンバレーのテクノロジー起業家、バイオハッカー。ブレットプルーフ360創業者兼CEO。シリコンバレー保健研究所会長。バイオハックの父と呼ばれる。ウォートン・スクールでMBAを取得後、シリコンバレーで成功するも肥満と体調不良に。その体験から、ITスキルを駆使して自らの体をバイオハック、世界トップクラスの脳科学者、生化学者、栄養士等の膨大な数の研究を総合し、自己実験に100万ドルを投じて心身の能力を向上させる方法を研究。自らもIQを上げ、50キロ痩せたその画期的なアプローチは、ニューヨーク・タイムズ、フォーブス、CNN、LAタイムズ等、数多くのメディアで話題に。ウェブ界の最高権威、ウェビー賞を受賞したポッドキャスト「ブレットプルーフ・ラジオ」は2億ダウンロードの絶大な支持を誇る。著書に『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』『HEAD STRONG シリコンバレー式頭がよくなる全技術』(ともに栗原百代訳、ダイヤモンド社)など。

 

https://www.diamond.co.jp/book/9784478108130.html ダイヤモンド社 本書の紹介ページより引用

 

この方といえば、なんといってもこちらの本が有名ですよね。ご存知の方も多いと思います。

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事

 

この本で紹介されている、完全無欠コーヒーは大きな話題となりました。

完全無欠コーヒーとは、牧草育ちの牛から摂れたグラスフェットバターMCTオイルを混ぜて作ったコーヒーのこと。

配信中のポッドキャスト「ブレットプルーフ・ラジオ」はこちらで聴くことができます。

割と英語の勉強になるかもです。

 

YouTubeでも彼の出演する動画がいろいろとUPされていますね。

さて、それでは、本の中身をみていきましょう。

 

『シリコンバレー式 超ライフハック』の書評

巷にはライフハック本が溢れていますが、こちらの本はいわゆる欧米型ライフハックの本命といっても良い本といえます。

さて、この本の原題は「GAME CHENGERS」です。

ゲームチェンジャーとは、一般的には、スポーツにおいて、途中で交代して試合の流れを一気に変えてしまう選手のこと。転じて、世の中の動向を大きく変えてしまう人物のことを指します。いわゆる成功者と言って良い方々ばかりでしょう。

そんな成功者たちへのインタビューを通じて得られた選りすぐりかつ体系化されたライフハック・データベースとなっています。

本書では42個のライフハックが紹介されています。

ジンゴロが「これは使える!」と思った4つのハックについて紹介しましょう。

 

HACK01 「脳エネルギー」を本質に集中させる

本書の冒頭に紹介されるハックがこちらです。

1日における意思決定する力には限界があり、「決定疲れ」をもたらすといいます。「意思決定」する機会を徹底的に少なくして、脳エネルギー消費を節約しましょう、というのがこちらのハック。

おなじみスティーブ・ジョブズの服選びでも有名な、行動のルーティン化の話にも言及されていますね。

ジンゴロ
別な言い方をするとすれば、「行動の断捨離」が必要、ということかな

 

HACK11 「休息」を増やして生産性を最大化する

あなたの目標ってなんですか。それをいつまでに達成しますか。具体的な目標を書き出しましょう

その目標に関係ないものが舞い込んできても、「ノー」と言って断りましょう

ストレスの原因は「抱え込みすぎ」。無理な約束をしてはいけないのです。

自分のケアを最大限優先にしてスケジュールをたててみませんか、というのがこちらのハックです。

ジンゴロ
自分の健康やケアを最優先に計画をたてる。なかなかできないことですよね。

 

HACK16 「ポルノ」をやめて脳を正常化する

これは、悲報といえるかもしれませんね。

ポルノは脳に悪影響を与えるらしいです。

著者は「1ヶ月、ポルノをやめてみよう」といいます。

ポルノを断つことによって、大脳辺縁系を鎮めることができ、より適切に意思決定を下すことができるようになるそうです。

1ヶ月という期間、人によってどう思うかは様々でしょうが、現時点、無制限にポルノ・コンテンツに触れている方がいらっしゃるのなら、まずポルノとの接し方を見直しすることをお勧めします。

 

HACK21 「筋肉」を鍛えれば、賢くなって若返って幸せになる

運動=身体に良い と思い込んでいませんか。

「有酸素運動だけ」をすると、多くの人が気づいていない重要なデメリットがあるそうです。有酸素トレーニングはコルチゾールという酸化物質が身体の各器官の炎症を増大させます。

最も身体に良いのが、有酸素運動と筋力トレーニングを適度に組み合わせること

身体を動かす頻度と強度を最適化して実施しましょう、というのがこちらのハックです。

まとめ

今回、4個のハックを取り上げてみましたが、個人によって、自身の生活に取り入れるべきライフハックは人によって異なると思います。

本書を読んで、自分に合うライフハックがあるかどうか、是非探してみてください。

これらのライフハックがどれだけ皆さんの生活や仕事、勉強などに応用できるかわかりませんが、少なくとも、自分の思い込みや、凝り固まった行動や思考を打ち砕くためのヒントにはなるのではないでしょうか。

当然、これらのライフハック を全て完璧に実施してもゲームチェンジャー=成功者になれるかどうかは別の話ですが、学べることはおおいはずです。

元々、僕自身も、若い頃から、食事の不摂生、長時間労働は上等!というタイプだったのですが、こういったライフハックに触れることで、自分自身の行動や思考を見つめ直すことができてきています。

皆さんも自分自身をアップデートするつもりで、この本を手に取ってみて下さい。

ジンゴロ
今後も継続して本書のライフハックを自分用にカスタマイズして行く予定です

それでは、また。

広告

-IT技術, ビジネス本

© 2021 ジンゴロノート Powered by AFFINGER5